金融とFXの基礎用語辞典

基軸通貨とは?

現在の外国為替取引や国際貿易の取引において、最も中心的な役割を果たし、広く使用されているのは、米ドルです。

 

各国の外貨準備高に占める米ドルの割合は非常に高く、アジアやアフリカなどでは、買い物や取引の通貨として、米ドルが普及している国もあります。

 

このように、国際貿易の取引や、外貨準備金として利用されている国際通貨のことを「基軸通貨(キーカレンシー)」と言います。

 

ゴールド(金)が国際通貨流通の裏付けになっていた第二次世界大戦までは、イギリスの「英ポンド」が世界の基軸通貨でした。

 

しかし、大戦後、その当時のゴールドの半分以上をアメリカが保有していたことにより、「米ドル」が基軸通貨になったようです。

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  •